幸せな契約終了

どうも、メンヘラ外注化アドセンサーのかずやんです。

 

外注化を初めて1ヶ月以上が経ちました。

そして先日、初めて1名の外注様と契約を終了する形となりました。

 

私はライターでもあります。

その経験からすると、一番ライターにとってストレスなのは、進まない作業を突っつかれること。

作業が止まってしまうことは、絶対にあります。

 

特に、私がお願いしている業務は業界の下限に近いところ。

高いレベルにするにはまだ収益性が低すぎるので、なんとかお願いしてお受けしていただけていることに感謝するレベルです。

とてもではありませんが、無理強いなんておこがましいレベルです。

 

そんな中で、外注様から「忙しくなるので契約を終了したい」という旨のメッセージ(当然ながら仔細は省いています)がありました。

質のいい記事を納品してくださる素晴らしい外注様からの連絡でした。

 

外注化についてシステマチックに考えているなら、ここは留意をお願いするべき場面なのかもしれません。

また、自分は締め切りについては細かく言うつもりはありませんでしたし、その意向はすでに先方に伝えておりました。

 

その上での判断ですので、私としてはこれを受け入れるべきだと考えていました。

そのうえで、現状の方向性について連絡を続けた上で、最終的にはその時受け持っていただいていたものを仕上げていただいた上で、契約満了という形で終了という結論になりました。

 

この判断が正しいのか否かは今の自分にはまだわかりません。

ですが、ライター側で考えた場合は間違いなく正しいと思いました。

 

外注様は、人間です。

無理、あるいは難しい状況でストレスを押し付けるのは、適切ではないのではないかと思います。

 

幸い、FAAPのマニュアルとライターとしての最低限の腕はあるので、いくつも手を打つことは可能です。

新しく作業可能な状況にあるライター様を探しつつ、私のできる範囲で外注化を継続するつもりです。

明日からは新しい外注様を探すことも視野に入れつつ、作業を継続する予定です。

 

ライターとしての経験が、外注様との契約でいい意味で活かせたと思っています。

以上、ライターたるものライターの視点を忘れるべきではないと胸に刻んだかずやんがお送りいたしました。

タイトルとURLをコピーしました