草薙さんごめんなさい

どうも、外注化といいつつ自分でも記事を書いているかずやんです。

今回、悩みに悩んで、記事を書くことにしました。

悩んだ理由は外注化とはあまり関係なく、「FAAP」の草薙さんがやる価値なしとおっしゃっているゴシップ系トレンド記事だったからです。

確かに、リスクは多いんですよね。

クレームや露出の急激な増加。

内容の妥当性があっても成立する名誉毀損。

 

それでも、数日以上悩んだ末に書いたのには理由があります。

この記事は、看過できないほどに誤った情報が喧伝され続けていたからです。

アドセンサーでありウェブライターである私は、そういった誤情報の流布が行われても無視するべきということを重々承知しています。

サワラにカニにタタミイワシ、火中の栗を拾ってサイトという家を火事に巻き込んで焼失してしまっては意味がありません。

 

ただ、これは捨て置け無い。

そんな状況だったのです。

 

一蓮托生、さようならしても仕方がないという覚悟で記事を投下しました。

幸いにもそれなりにアクセスがありました。

少なくない方々に必要な情報を届けられたのです。

これだけで、社会的な意義はあると思っています。

 

以上、アドセンサーとしては二流のかずやんがお送りいたしました。

タイトルとURLをコピーしました