AdSense のポリシー変更を前に

こんばんは、メンヘラアドセンサーのかずやんです。

今回は、9月に行われるアドセンスのポリシー変更を前に、気をつけるべきだと思った点についてまとめていきたいと思います。

 

まず、ポリシー変更の内容が正式に確定する前に出回っている情報について。

 

現時点では、変更点についての詳細は語られていません。

この点は、少なからぬアドセンサーの発言からもわかります。

 

そのため、現在出ている情報の殆どは真偽不明と言えます。

なので、変更で〇〇になる、だから××する必要があるという断定的な発言は正直鵜呑みにするべきではないと考えるべきでしょう。

現時点でポリシーの変更について断定できそうなこととしては、Googleサイドから発表されている「特にこれまでと違った内容になるわけではない」という発言くらいだと思います。

あくまで、正しいのか否か判断を保留すべきという話です。

相応の見立てがあっての発言が多いと考えられますので、軽々に否定すべきでは無いことも事実なのは覚えておいてほしいと思います。

 

ただし、今回のポリシー変更を機に、今一度ルールを確認し直すというのは必要でしょう。

見落としがあるかもしれません。

 

もう一つ、気をつけるべきことがあると思います。

それは、アドセンスの常識と世間の常識、アドセンスのルールと世間のルールは完全には一致しないということです。

 

例えば、著作権に関する話。

私は個人的に法的根拠や判例を集めているため、著作権法違反によるコンテンツへの影響は即座に異議申し立てを行うことができます。

 

ただし、これは著作権法という世間のルールに則ったレベルでの話。

Googleが法的根拠なしにアドセンスを剥奪することは、契約上問題なく可能です。

世間一般でも、法的根拠に基づかない判断が受け入れられる例は古今東西ママ存在します。

必然的に「著作権法的には合法なものの、Googleに『知的財産が不正使用されているコンテンツ』と判断されたためアドセンス剥奪」という状況もありえるわけです。

先行するアドセンサー等の情報をきっちり受け止め、きっちりGoogle側のルールを守る方向で動く必要があるという結論になります。

 

今回のルール変更については、今後もきっちり確認していきたいと思っています。

私自身の身を守ることにもなりますので。

このサイトは、基本的に自分の備忘録・実践録的な部分がメインとなります。

つまり、ここでルール変更をまとめる事により、私自身がルール変更の情報をより噛み砕き、知識として吸収することが可能になるのです。

もちろん、それが皆様のお力になれたなら幸いだとも思っています。

 

以上、メンヘラアドセンサーかずやんがお送りいたしました!

タイトルとURLをコピーしました