以外に無視できないTwitterからの流入

おはようございます。メンヘラ外注化アドセンサーかずやんです。

今回はアナリティクスを眺めながらの話となります。

私のサイトには、Twitterからの流入がよく見られます。

そこで、Twitterのアナリティクスを軽く分析してみました。

 

前提条件として、私はいわゆるSNS受けの良いタイトルの採用はしておらず、バズる要素も仕込んでいません。

シンプルに「更新したら連動したTwitterでつぶやく」という形態を取っています。

 

リツイート等のバズるきっかけも確認できませんが、伸びているツイートは他のツイートの数倍の閲覧数を稼いでいました。

そのうちの数%が記事まで来てくださっている印象です。

 

伸びている傾向で顕著なのは「レビュー系」の記事ですね。

Twitterで商品名検索する方が多いということなのでしょう。

また、ブランドの紹介記事なども同じく伸びやすい傾向にあるようです。

これまたブランド名で検索される方が多いと予想できるものと言えますね。

 

いくつか「なぜこれが?」と思ってしまうものもありますが、少なからず「商品名や商標」を入れ込んだ記事はTwitter上でもアクセスが期待できるとは結論付けられそうです。

現時点ではGoogle検索以外のトラフィックをほぼ考慮に入れないサイトづくりを行っていますが、それでもTwitterとシナジーしうるということがわかります。

あくまでもアクセスが少ない現時点での話ではありますが、自動だからと仕込んでおいてよかったと今では思っています。

以上、メンヘラ外注化アドセンサーのかずやんがお送りいたしました!

タイトルとURLをコピーしました