メタタグに手を付ける

こんにちは、メンヘラ外注化アドセンサーかずやんです

昨日、プラグイン周りの大ぽかに気づいて急いで修正した我がサイト。

同時に、メタタグのキーワードも設定していなかったと気がついて現在大急ぎでキーワードを追加中です。

 

メタタグとは、画面には表示されない記事の内容を示す文字列です。

ウェブ検索のクローラー等に、このページがどのような内容なのかを伝達するための機能ですね。

概要文とキーワードの2種がありまして、概要文は検索に大きな影響を与えます。

 

対して、キーワードに関してグーグルは参考にはしていないとしています。

ですが、適切に設定することにマイナスはありません。

作業も記事で狙ったキーワードを記述するだけのこと。

というわけでガンガン追加作業を行っているわけです。

 

そもそも、グーグルがキーワードを参考にしないと明言したのには理由があります。

それは、メタタグによる検索結果への悪質な干渉がひどかったからです。

メタタグにページとはあまり関係のない文章を羅列することで、本来検索結果に出る必要がないページが検索結果に出てしまうという行為が横行していた時期がありました。

概要文をこれで構成してしまうと検索結果での表示が非常におかしなことになるのですぐに多用されなくなりましたが、キーワードはそのような弱点がなかったため、一時期は本当にメタタグキーワードで無理やり検索結果を引っ張り出す手法が横行しました。

 

なので、グーグルはメタタグキーワードを非常に低く見るようになったのです。

 

もう10年以上前の話になりますが、いわゆる出会い系サイトなどの下部に女優の名前等、サイトに関係の無い単語が大量に並んでいるものがありました。

これはグーグルがページの文章を丸々チェックするロボット検索であることを利用した、SEO対策の一環でした。

メタタグによる検索結果への干渉は、これを少し発展させたものと言えます。

 

なので、グーグルはメタタグキーワードをチェックしており、単に検索結果で参考にしないだけではなく、記述が多すぎるものはスパムと判定するという形で対応しています。

逆に言えば、ページと関係のあるタグを付けていけば、マイナスにはならないということですね。

他の検索エンジンの対応は把握できていませんが、グーグルの独自要素でありながら大きく普及したメタタグを、全く無視するというのは考え難いです。

基本的にはグーグルと同様か、グーグルよりも重視している可能性が高いです。

 

また、仮に無視していた場合、メタタグキーワードは文字として検索エンジンに評価されます。

他の、信頼性の高いサイトも多く行っている形での、適切な文字列の挿入と判断されれば、当然ながらマイナスの評価にはなりえません。

 

どう転んでも、きっちり設定して管理していくことでマイナスになることはありえないのです。

大手検索エンジンが一斉に大手サイトを排除するような改定を行うことはありえませんから。

多くのサイトが脱メタタグを進めた場合、その後メタタグ設定を行っているサイトを一斉に弾くようなアップデートが実施されるというパターンがありえますが、現時点ではそのような動きは見られないので、今回の設定に踏み切ったわけです。

むしろ、管理しないと思わぬ形でメタタグキーワードがかさんでしまい、スパム判定を受けるリスクがあります。

というわけで、アクセスに直接つながる可能性は低いですが、メタタグ絡みの事故を回避するため、メタタグキーワード管理を進めていくこととしたわけです。

プラスの可能性を追うだけでなく、マイナスの可能性を減らすことも重要だと思うのは私だけでしょうか?

 

以上、メンヘラ外注化アドセンサーかずやんがお送りいたしました!

タイトルとURLをコピーしました