趣味サイトにもGoogleアップデートの波が

こんにちは、メンヘラ外注化アドセンサーのかずやんです。

 

さて、先月行われたGoogleのアルゴリズムアップデート。

私の側では影響があまり出ていませんでしたが、ここ数日趣味サイトの方に顕著な影響が出てきました。

 

企業系サイトに上位を奪われるキーワードが一気に増えたのです。

今回のアップデートは大手・企業系にプラスのアップデートだったと言われているので妥当な流れです。

 

もちろん、同等な内容で企業を上に出すのは問題ないと思います。

しかし、キーワードとほとんど関係が無い企業ページが、きっちりキーワードに即した価値を提供している趣味サイトの上に来ているのを見た時には単純に悲しくなりました。

これでは検索ニーズを満たせません。

 

しかしこれは、逆に言えば上位サイトを追い抜くためにテコ入れが必要ないとも言えます。

内容では断然勝っているのですから。

 

Googleのアナウンスでは、順位が落ちたからとりあえず修正をするのは得策ではないとしています。

自分も新しい情報が抜けていた古いページに追記しただけ、それもアップデートとは無関係に度々行っている更新を継続しただけで、変なテコ入れは行っていません。

下手をすればページの価値が下がりますからね。

 

それこそ先述の企業ページのように、価値のないページを検索上位に出してしまって私の趣味サイトの信頼に傷をつけかねません。

せめて検索キーワードに即したページが検索結果の最上位に来るように、Google側で調整が入ることを願っています。

あるいはクリック数が伸びて妥当な評価になるというのもありでしょうか。

 

こう考えると、個人でやっている人の多いアフィリエイター・アドセンサーには厳しいアップデートかもしれないと思えますね。

ここ数回のコアアップデートの中で、一番下った報告を見ている気がします。

確かに信頼性に規模の大きさやバックボーンたる企業の存在が関わるのは事実です。

バランス取りが重要ということになるでしょう。

趣味サイトはしばらくこのまま推移すると思うので、外注化サイトの方のバランスを企業系ライバル不在の方向で調整して行きたいと考えています。

以下に大手や企業系サイトが強くとも、相手がいなければ戦えるはずです。

 

こういう時、キーワード探しに注力できるのは記事執筆を外注化している事の一番の魅力と言えるでしょう。

キーワードの組み合わせは文字通り無限大、その中で検索ニーズがあるものもまず数を特定するのが難しいほどに多数存在します。

これをある程度きっちり目星をつけつつ、マンパワーや発想次第でなるべく多く攫っていくのが今後のトレンドとなる可能性もあります。

そうなった時、そこに九分九厘のエネルギーを注ぎ込んでも運営できる状況を構築できてるか否かが、アドセンサーとして生き残れるか否かの分水嶺になるかもしれませんね。

そういう時には、FAAPの有無で生き残れるかが変わるかも?

 

以上、メンヘラ外注化アドセンサーのかずやんがお送りいたしました!

タイトルとURLをコピーしました