サイト運営者が気をつけるべきだと思うこと

こんにちは、メンヘラ外注化アドセンサーかずやんです。

 

さて、昨日でかけてきたのは、皮膚科を受診するためでした。

もう数年単位で肌荒れが抜けず、

ハンドクリームとステロイド系抗炎症薬とは終世の付き合いになりそうです。

 

ステロイド系抗炎症薬についてはひどくなくなれば抜くことが出来るかもしれませんが、

ハンドクリームはケアと治療、更には予防を兼ねているため、

なくなると困ってしまいます。

保険適用外になると値段が3倍以上に跳ね上がってしまいますからね。

 

さて、ハンドクリームといえば2年ほど前に大きな問題になったのを覚えていらっしゃる方もいるでしょう。

美肌クリームとして非常に効果があり、

更に保険も適用可能なのでガンガン処方してもらおうという話でした。

 

私も処方内容が「荒れていれば全身どこでも使って良い」という形だったので、

保険適用外になったら肌が死ぬとビビりつつ状況を見守りました。

少し悪化するとライティングどころではなくなることも肌で感じていたので、

社会的にも終わっていた可能性がありました。

 

この事件、大きな問題に発展したのは以下の2点が原因だと考えられます。

  • 明らかにアウトな手法が広まっていった
  • 情報の拡散により処方量が大きく増えた

脱法、あるいは違法かもしれない形で本来必要な方に届かないほどの需要が発生したのです。

ここがトラブルの原因だったと言えるでしょう。

 

このアウトな手法を大きく広めたのは、

アドセンス系を中心とした各種ウェブサイトでした。

 

キュレーションサイトも取り上げていたと記憶しています。

ウェブライターとして活動していた私は、

危険な騒動がまた発生したなぁと思っていました。

 

既存メディアが完璧というわけではありませんが、

少人数、あるいは個人で運営しているメディアは、

時にこれまであり得なかったような影響を与えることもあります。

 

我々アドセンサーは、倫理観を育んでいく必要があることを教えてくれる事例です。

 

そういう意味で、草薙さんのメルマガは勉強になります。

トラブルに関する情報を定期的に教えてくれるからです。

自分が初期の日記で反省したネガティブな印象を与えるトレンド記事については、

更に追加情報として具体的に何がどう起こるかまで教えてくれました。

 

もう二度と書かないと誓いつつ、

ハンドケアに心血を注ぐのでした。

 

以上、メンヘラ外注化アドセンサーかずやんがお送りいたしました!

タイトルとURLをコピーしました