12月の成果~サーチコンソール編~

こんにちは、外注化メンヘラアドセンサーのかずやんです。

 

今日は12月の成果、サーチコンソール関係ですね。

 

クリック数は533に対し、合計表示回数は5624。

CTRの平均は9.5%となりました。

検索結果に表示された場合、10人に1人来てくれるという結果です。

割と悪くない数字だと認識しています。

 

平均掲載順位は34位。

徐々に高くなってきました。

ここが一桁クラスになると怪物サイトとなるのですが、

流石にまだ遠い道のりです(汗)。

 

すべての数字が月末に急激に上がっています。

前回書いたヒット記事の影響です。

それ故に月頭の情報はきっちり絞り込まないとわからない感じになっていますが、すべての数字が爆発前の段階でも徐々に上がっていたことが確認できました。

このあたりには、毎日更新を維持している成果が出てきてますね。

 

クリック数の多いキーワード、表示回数の多いキーワード、掲載順位の高いキーワードもやはりこのヒット記事絡みのものが軒並み上がっています。

 

ヒット記事それぞれのジャンルが隣接しているので、関連キーワードでもそれなりの順位で表示がなされたようです。

 

そんな中、ビッグワードで上位というデータがいくつか上がっています。

ビッグワード×掲載順位一桁という鉄板構成の割に表示回数が多くないので、おそらく検索のパーソナライズ(ユーザーごとに検索結果が変わるアレ)の影響でしょう。

 

ここでアクセスを得られた項目もあります。

これでサイト評価がバク上がりしてくれれば美味しいのですが、データはそれを否定しているように見えます。

 

ラッキーヒットを狙うのは微妙な戦略だと思いますが、今後はこういう「想定外のビッグワード」を意識したほうがいいのかな……。

ある程度普遍性のあるハブ記事なんかを用意しておくと、このあたりを上手く拾えそうな雰囲気がありますね。

 

まあ、実際には11月のアップデートの余波の可能性も高いと思いますが。

その割には「なぜ?」ってぐらいのビッグワードが見られるのは、サイトの評価が上がってきた成果なのか、Googleの試行錯誤の証拠なのか。

どちらも十分にありえるので、私は普通にビッグワードで戦う準備を粛々と行っていくつもりです。

次のアップデートはそろそろですかね。

その情報が入ったら成果報告の途中で書くかもしれません。

 

キーワードを俯瞰すると、自分では記事を書けなかったような意外なキーワードがいくつか見つかります。

外注化のおかげで、すべてのジャンルを自分で調べきれていないことの証拠とも言えます。

発注や納品時の確認などで最低限のリサーチは入れるので、どのキーワードも関連性がわからないというレベルにはなっていないのがまだコントロールできている証拠と考えられます。

逆に言うと、外注様の力を最大限活かして、自分が本当にできないラインまで踏み込んでもらえてる事例が少ないという側面も見えてきますが……。

 

というわけで、サーチコンソールの情報からわかることとしては、キーワードに関して上手く拾えて記事をまとめられているということでしょう。

 

特にキーワードプランナーのような武器を使えない「速報系」の記事で拾えているのは自分の成長が感じられて嬉しいです。

ライター家業でキーワードに関する情報を得ていたのもプラスになったかな。

経験が武器になっていると胸を張りつつ、今日の成果報告はここまで。

 

次回は肝心の「アドセンス収益編」でおあいしましょう!

 

以上、メンヘラ外注化アドセンサーのかずやんがお送りいたしました!

タイトルとURLをコピーしました