シンプルだけど忘れがちなこと

こんにちは、外注化メンヘラアドセンサーのかずやんです。

今回は前回触れた、キーワードの活かし方です。

 

キーワードを当て込んで調査してみたら、実は全くキーワード通りの情報が出なかった場合の対処法ですね。

と言っても簡単なことで、タイトルを「〇〇が××なのか調べてみた」といった形にすることが解決策です。

 

例えば「芸能人名+結婚」のキーワードで記事を書こうとしたところ、全く浮いた話がないらしいと判明した場合。

「芸能人名は結婚しているか調べてみた」を元に記事タイトルを決める感じですね。

「CMクイーンの〇〇は結婚してるって本当?来歴を調べてみた」といった感じでしょうか。

小さな違いですが、これだけで「リサーチしたら結婚していなかった」という文言が自然に記事へ入れられるようになります。

 

〇〇と結婚だけで記事タイトルを決めようとすると、意外とこの形を見逃し、

実は結婚していないのに「〇〇は結婚していた!」なんてタイトルにした挙げ句、

本文では「これはドラマの話で現実には結婚していないようです」なんてお茶を濁した記事ができてしまいます。

ライター業務で似たような事になりかかった経験がありまして……私なりに出した答えが今回の例です。

 

珍しく具体的な例を出してみましたが、

これは私が芸能トレンドをあまり扱わないからです。

他にも必殺級の技術自体はあるのですが、

どういう形で紹介しようか今悩んでいる最中です。

 

まあ、その前に外注様を集める必要がありそうなのですが……その話はまた次回。

 

以上、メンヘラ外注化アドセンサーのかずやんがお送りいたしました!

タイトルとURLをコピーしました