FXとは

XMの口座の開設・有効化方法は?丁寧に解説!

こんにちは、かずやんです。

今回は優秀なFX業者であるXMTradingのリアル口座開設・有効化方法についてまとめました。

XMTradingの口座開設はこちらから!

解説前に、年齢確認を

XMTradingの口座開設には、年齢制限がございます。

18歳以上である必要がありますので、17歳以下の方は解説を一旦諦めて、おとなになってから開設しましょう。

 

なお、XMTradingの口座の開設は、パソコンでもスマートフォンでも同じ口座開設フォームを使用しています。

そのため、本サイトはPC・スマホ両対応となります。

 

XMTradingは日本語に対応していて、サポートでも日本人が対応してくれます。

本サイトと共に口座開設に挑めば、難しいことはなく開設できるでしょう!
XMTradingの口座開設はこちらから!

XMTradingの口座開設方法!

XMTradingのリアル口座開設の方法は、単純明快です。

XMTrading公式サイトにある登録フォームに、氏名や住所など必要な情報を入力していくだけで完了します!

 

ただし、登録情報はアルファベットで入力していく必要があります。

登録フォームが日本語化されているため間違えて日本語で入力してしまわないように注意しましょう。

その1.XMTrading公式サイトを日本語化する

まずは、XMTradingの口座開設フォームを開き、英語で表示された場合は右上の国旗を選択して日本語に変更してしまいましょう。

日本語の場合はそのまま進行可能です。

その2.リアル口座を登録していく

リアル口座の登録には、大きく分けて二段階の手順があります。

きっちり画面に『リアル口座の登録1/2』と言った感じで表示されるため、落ち着いてやれば何のつまづきもありません。

ここで注意するべきところは登録言語です。

日本語ではなくアルファベットで入力する必要があります。

 

まずは個人情報の登録です。

アルファベットで名前、名字、希望言語、電話番号、Eメールを入力します。

ミドルネームの欄は空白にし、居住国がJapanになっていること、コードの部分が+81になっていることも確認してください。

 

続いて、取引講座詳細項目の登録です。

MT4とMT5が選択可能ですが、使いたいEAやインジケーターに応じて選択しましょう。

個人によって条件が変わるため、当方としてはどちらとはいい難い感じです。

 

当サイトで紹介しているビーストは、MT4対応となっております。

一応MT5のほうが高性能ですが、日本ではMT4が高いシェアを持っているため、注意が必要です。

 

口座タイプは基本的にスタンダードがおすすめです。

様々なボーナスが全て対応可能となっておりますので。

 

確認項目にもチェックを入れたら折り返し、続いて詳細な個人情報を登録する部分となります。

個人情報に名前を入力しますが、ここで注意点です。

ここだけは日本語の全角カナを入れる必要なのです。

間違ってアルファベットで入力しないようにしましょう。

 

続いて住所詳細ですが、こちらはアルファベットでの入力です。

まずは都道府県・市を入力します。例えば神奈川県小田原市の場合はOdawara-shi, Kanagawa

続いて区町村・町名。例えば七枚橋であればShichimaibashi

そして番地・マンション/アパート部屋番号です。2丁目3番地10号にある小田原アパート105号室の場合は、105#105,2-3-10となります。

文字数15文字以内、アパート名省略可となっています。

郵便番号はハイフン不要なので7桁を入力しましょう。

納税義務のある米国市民ですか?に関してはいいえでOKです。

 

取引講座詳細では、解説する口座の詳細情報を選ぶ形となります。

口座の基本通貨は口座残高の表示に用いられるので、わかりやすくJPY(日本円)を選んでおきましょう。

レバレッジはお好みのものを選択ください。口座開設後にも変更可能です。

口座ボーナスに関してははいを選択しておくことで、お得なボーナスキャンペーンが受け取れますのではいを選ぶ魔性。

 

投資家情報に関しては、大体の金額でOKとのことです。

ただし、投資額に関しては0-20,000ドルを選択しないと、最大レバレッジが制限されるためご注意ください。

また、所得総額と純資産に関しては、USドルに換算する必要があります。

 

口座パスワードに関しては一般のパスワード同様にしっかりとしたものを作りましょう。

資産を管理することになるため、きっちり作らないと公開する羽目になりかねませんよ!

なお、パスワードには英語の小文字と大文字、数字の以上3種を含み、8から15文字という決まりがあります。

英語の小文字と数字のみの場合、作成ができないのでご注意ください。

もちろん、メモも忘れずに。

 

最後は確認項目で利用規約などを確認し、チェックを入れてリアル口座開設ボタンを押せば、この手順は完了です。

その3.XMから届く口座開設の確認メール内のリンクをクリックする

その3まで終了した際、XMから登録したメールアドレス宛に口座開設の確認メールが届きます。

迷惑メールフォルダに入る場合もあるので、忘れずにチェックしましょう。

そのEメールの中にある「Eメールアドレスをご確認ください。」のリンクをクリックする必要があります。

有効時間が24時間に限られているため、ご注意ください。

 

クリックすることで、XMのログイン画面が表示され、会員としてログインが可能となります。

まずはログインして、マイアカウントの概要にあなたの保有している口座が表示されていることを確認しましょう。

 

このEメール確認作業後に届くメール内に、XMTrading公式ホームページやMT4/MT5にログインするためのID、サーバー情報も掲載されているため、こちらも確認してください。

その4.口座の有効化

続いて、口座の有効かも必要となります。

これをしないと、利用できないサービスも出てくるからです。

ここでは本人確認書類を提出することとなりますが、これは法律で義務付けられているため避けて通れません。

怪しいと思うかもしれませんが、逆に求めてこないFX業者の方が怪しいと覚えておくと後々詐欺に引っかからずにすみますよ。

 

ログイン時に表示される口座を有効化するのボタンをクリックします。

 

その後、表示された画面の支持に従って身分証明書と住所確認書類を提出します。

身分証明書に関しては、パスポート・運転免許証・マイナンバーカードのうちの一つが必要です。

顔写真がフルカラーで入っているものが必要となります。

なお、文字と写真がちゃんと見えれば、デジカメ撮影の画像でも問題ありません。

私はマイナンバーカードをiPhoneで撮影して提出しました。

 

住所確認書類は、公共料金の請求書/明細書・健康保険証・住民票のうちから一つを選択して提出します。

なお、公共料金の請求書/明細書または住民票を提出する場合、発行時期が六ヶ月以内でなければならない点はご注意ください。

私は携帯の料金明細書で提出しました。

 

以上2つを上げた上で、書類をアップロードするボタンを押せば完了です。

その5.XMTradingから口座有効化完了メールを受信

書類を提出すると、登録メールアドレスにあててXMから確認メールが届きます。

これはあくまで受け取ったというメールなのでご注意ください。

その後は数日で口座の有効化が完了します。

この際にもメールが届きますので、こちらを受け取ってようやく口座開設は完了です。

XMTradingの口座開設はこちらから!

しっかり口座開設・有効化をしよう

以上でXMTradingの口座開設方法は終了となります。

意外と簡単にできることが伝わったでしょうか?

きっちり口座を有効化させることで、ようやく取引が可能となります。

ぜひXMTradingで口座を開設して、FXの世界へ足を踏み入れてみてください!

XMTradingの口座開設はこちらから!

今なら月利77%を狙える無料ツールプレゼント中!
→詳細はこちら