検証・レビュー

織田慶の『アセットフォーメーションシステム(AFS)』は稼げる?利回り2000%の案件を大胆レビュー

投資における利回りは、非常に重要な指標となります。

多額の収入に超多額の元手をかける形では、手を出せる人は限られますからね。

また、その利回りを叩き出した期間も重要となります。

月利を元に計算すれば、初月から独立すらも可能になる反面、利回りに嘘があったり期間がかかりすぎたりすると、ともすると投資金額を永遠に回収できず終わってしまう可能性すらあります。

冷静に数字を確認していきたいところです。

 

こんにちは、かずやんです。

今回は織田慶氏の無料オファー『アセットフォーメーションシステム(AFS)』をレビューしていきたいと思います。

織田慶氏の『アセットフォーメーションシステム(AFS)』レビュー

ランディングページを見ていて、いきなり衝撃を受けるのが利回り2000%という数字。

これは無料オファーとしてみてもかなり衝撃的な数字です。

私の紹介しているビーストでも、77%が公式月利となっています。

実例として1000円を2万円にした事例が上がっていますが、これは少ない額での話です。

仮に10万円を入れれば200万円になり、300万円を入れれば6000万円になってしまいます。

 

正直な話、この利回りは全くありえない話ではないと思います。

FX取り引きなどでは、無謀な額の取引を行うことで一気に百倍などを稼げてしまう事例があるからです。

しかし、それは破産と隣り合わせの危険な回し方です。

とてもおすすめできません。

ASFは無料オファーとして投資を勧めている以上、より安全で確実な方法だと思うのですが、そうすると一気に難しい数字となります。

ギャンブルで勝つような投資術は教えないとは思うのですが、そうでもないと叩き出せない高利回り。

ちょっとこの商材に関する構え方が見えてきた気がします。

 

さてこの2000%の利回りですが、なんと1日で達成したとのことです。

わずか1日で20倍!

仮にこの利回りを毎日繰り返せる場合、複利で回したら1ヶ月で国家予算を遥かに超える利益を叩き出せてしまいます。

メチャクチャな話です。

せめてこの日に2000万の他に、月利や年利の話が出ていれば信頼というか、計算が立つのですが……

現時点では非常に怪しい話だと思えてしまいます。

 

ただし、2000%を1日で叩き出すことそのものは先述の通り不可能とは言えません。

1000円であれば、オンラインカジノでバカ勝ちでも達成可能な数値です。

FXでも含み損なく短期売買で全力を出せれば1000円から2万円なら達成可能でしょう。

一時的な話と断り書きがあれば、これだけで切って捨てるほど嘘と断定はできない話ということは頭の片隅においておくべきでしょう。

 

織田慶氏も信頼しがたい話だと思ったのか、ランディングページでは4分の壁という例を引き合いに出してその可能性を説いています。

しかしこの話、すでに上げている事例や我々がアセットフォーメーションシステム(ASF)や投資系の話に初めて触ることを考えると、少し不適切です。

今回の事例は「大谷翔平が165キロ出せるんだから、君も150キロ出せるよ」と、野球未経験の人物にいきなりボールを渡されて投げさせられるようなものです。

普通にやれば出ても120キロ程度が関の山でしょう。

優秀なコーチがつくのがネットビジネスにおける利点なので、ここまでの惨状で終わることはないとも思いますが。

 

今回のアセットフォーメーションシステム(ASF)は、知識・スキル・人脈が不要であることが強調されています。

知識・スキル・人脈が必要な事例として物販を上げており、個々の記述は違和感のないものとなっています。

この点誠実であることは、一つの判断材料と言えるかもしれません。

 

報酬は即日発生で、翌日には出勤が可能とのことです。

これは事実なら魅力の一つとなりますが、同時に利率2000%との両立が可能なのかは書かれていない点には注意が必要です。

というのも、2000%の利回りに有用なのが、倍々ゲームで増えていく複利だからです。

翌日から出金すると利回りは10%等と言われてしまうと、一気に話がややこしくなってきますし、肩透かしを食らうことになるでしょう。

ちなみに私のオススメしているビーストの77%は単利であるため、毎月77%を引き出して生活の足しにする戦い方が可能となっています。

 

両立ができるのか、これが一つの指標となるところですが、詳細は語られずじまいのランディングページとなってしまっています。

 

アセットフォーメーションシステム(ASF)には無料オファーらしく、5つの特典がついてくることが明言されています。

特典の内容を見るに、アセットフォーメーションシステム(AFS)はAIを使用したEAのような投資系の案件であることが予想できます。

しかし、詳細はわからずじまいとなりました。

 

織田慶氏は、現在出回っている詐欺的な手法に怒り、これらとは違うと言っています。

これには、私も同感です。

プレ情報サテライトの存在意義も、このような詐欺的案件の正体を暴くという点にあると思っています。

願わくば、織田慶氏も詐欺的なものを渡しているわけではないことを祈るばかりです。

 

結論として、どんな投資手法なのかはランディングページからはわかりませんでした。

アセットフォーメーションシステム(AFS)の特商法表記について

本ランディングページには、いわゆる特商法の表記はありませんでした。

代わりに、運営者情報に同等の記述が行われています。

内容に関しては運営責任者や連絡先等の記載がある、妥当なものと言えるでしょう。

同時に「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません」との表記も見えます。

 

ランディングページでは「確定」「確実」と言った表現はありませんが、2000%に関しては話半分とまではいかなくとも、絶対的な数字ではないということは頭においておくべきでしょう。

アセットフォーメーションシステム(AFS)まとめ

結論として、今回の情報は

・2000%という異様な高利回りだが再現性に断り書きあり
・1000円で成功するという魅力的な煽り
・ビジネスモデルは不明だがAI系の投資術の可能性高し
・特商法表記が運営者情報に記載されている

という結論となりました。

 

私は2000%という利率が高すぎるため危険性があると判断し、今回の案件は見送ることと致しました。

今なら月利77%を狙える無料ツールプレゼント中!
→詳細はこちら