検証・レビュー

クロスリテイリングの『インカムアップキャンペーン』は儲かる?現役FXトレーダーが徹底検証!

こんにちは、かずやんです。

 

FX取引は、生中な知識で手を出すとやけどする投資だと言われています。

同時に、大量の利益をもたらすとも。

レバレッジというテコの原理のような、原資を何倍にも高めて取引できる仕組みが良くも悪くも作用する結果ですね。

借金まで抱えて頭を抱える人、年収の何十倍もの利益を得て歓喜する人、様々です。

 

しかし、大概は負けてしまう投資でもあります。

自分の身の丈を超える投資金額が、人の精神を狂わせてしまうからです。

そこで最近出てきたEA(自動売買ツール)のような、強力なアシスタントがあると便利です。

当方の提供しているビーストはその点しっかりと私を支えてくれています。

 

今回はFXに関する最新の無料オファー、「インカムアップキャンペーン」をレビューしていきたいと思います。

特定商取引法の記載

特定商取引法の表記

販売業者、運営責任者、所在地、電話番号、メールアドレス、申込方法、商品の引き渡し時期・方法、URL、推奨環境、個人情報の保護、表現、及び商品に関する注意書き、投資に係るリスク及び手数料について、当商品に関する相談、苦情等への体制について、当商品に関する紛争について、著作権についての15項目からなるきちんとした表示です。

 

しかし、表現、及び商品に関する注意書きに「本商品に示された表現の受け止め方には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」との表記があります。

ランディングページを見る上で確定的に見える記述でも、実際には個人差があると言い訳されていることは頭においておくべきでしょう。

これは重要な判断材料となりますね。

『インカムアップキャンペーン』ランディングページレビュー

ランディングページには、努力ゼロ・ほったらかしで毎月20万、30万円の固定収入を自動で上乗せ、世界中が理想とする究極の不労所得、ベーシックインカムを実現する、完全自動のトレードシステムと銘打たれています。

以上の記述から、いわゆるEA(自動売買ツール)がメインとなる商材であることが予想されます。

 

気になるのは、毎月20万円、30万円の固定収入という記述です。

本来、この手の断定的な表現は禁止されています。

景品表示法の誇大広告に該当するからです。

前の見出しの特商法もあわせ、この法律的問題は重要な判断材料となるでしょう。

 

また、固定収入という感覚そのものが非常に微妙だと思います。

投資は条件によって、収入額が異なってきます。

もしかしたら、軍資金が1000万円時の利益額である可能性もあるわけです。

原資がいくらで、利率がいくらかというところのほうが重要なのです。

更に、利率が毎月同じというのはまずありえません。

良くも悪くも固定収入とは無縁なのがFX投資なのです。

この点も、評価する上で重要な指標となるでしょう。

 

今回の『インカムアップキャンペーン』は、クロスリテイリングとグローバルロイズ、2つの企業がタッグを組んで送り出される商品であることがわかります。

クロスリテイリングは、11年の実績を持つ投資顧問会社にして、ASP(アフィリエイターに広告を提供する企業)の大手でもあります。

アフィリエイターから評判がいい一方、購入者からの評判はあまり良くありません。

曰く高額塾だの、詐欺だのの情報が多数出てきます。

真偽の程は確認しきれませんでしたが、かなり大掛かりな案件も多い企業であることがわかります。

その手法は、プロダクトローンチ。

今回のように無料オファーを提供し、その後時間をかけて見込み客を教育し、高額商品のセールスへとつなげていくスタイルです。

今回の無料オファーを見る上で、この手法は覚えておいて損はないでしょう。

 

グローバルロイズ社は、FX分析ツールなどを販売する企業です。

今回はクロスリテイリングとタッグを組むという表現を使われていますが、実際には関連企業であるという情報が手に入りました。

EA(自動売買ツール)なども手掛け、かつて販売したドラゴン・ストラテジーFXの販売では、大量のメールを送ったことで白い目で見られてしまった苦い経験も持つようです。

新進気鋭と言った感じですが、売り慣れていないということは上記の事例からもわかります。

そのためにクロスリテイリングとタッグを組んだのでしょう。

なお、肝心のドラゴン・ストラテジーFXですが、稼げないという評判が多数出ているようです。

この事実は、判断材料として非常に重要なものと言えるでしょう。

『インカムアップキャンペーン』ウリ文句を解析!

ランディングページのウリ文句をまとめていくと

・世界中のマーケットを瞬時に解析する最先端のテクノロジー
・世界中の投資家を味方につけて利益ポイントだけを自動で狙い撃つ
・あなたに代わって24時間自動取引
・毎月資産は右肩上がり
・3年間月間マイナスはゼロ!
・一切の努力すら不要、経験、スキルがなくても2億円を完全自動で積み上げていける
・世界のマーケットを味方につける
・倍々ゲームのように資産が増えていく感覚を味わえるはず
・簡単3ステップ
・お金の悩みから開放された人生を!
・業界最高峰のノウハウとサポート体制

と言ったようなウリ文句が並んでいます。

正直なところ、2億円をどれくらいの原資で積み立てられるのかと言った単純な疑問と、リスクとその回避方法についての説明が欠けている部分を除けば、私の展開している無料EA「ビースト」と似たような説明しか行われていません。

例に上げた以外の違いとしては、ビーストはリスク回避のために度々操作する必要があることくらいでしょうか?

また、以上のことからEA(自動売買ツール)が今回の商材であることが確定的といえる状況となりました。

『インカムアップキャンペーン』まとめ

正直、すべてを見てきた印象として『インカムアップキャンペーン』が儲かるかはかなり微妙なところです。

 

豊富なテストを乗り越えているようですが、それらの情報が実践にどれだけ即しているかが見えてきていないからです。

過去にグローバルロイズ社やクロスリテイリング社が手掛けた案件の評判を見るに、肯定的な評価は下しにくいというのが現状での結論ですね。

 

さて、今回の無料オファーですが、確実にツール使用料、メンテナンス費用等の何らかの販売が行われることが予想されます。

これがクロスリテイリング社、グローバルロイズ社の売上となるからです。

無料オファーの仕組みを考えると、数十万円してもおかしくありません。

無料オファーでは、あなたにこの無料オファーを紹介してくれた方(アフィリエイター)に、多額の報酬を支払うことで集客を行っています。

この無料オファー集客でかかった資金、そしてランディングページを作成した際にかかった費用を回収する必要がどうしても必要となるのです。

 

今回の無料オファーを受け取るにあたっては、この商品販売の可能性を常に念頭に置いて行動することをおすすめします。

 

私は、今すでに優秀なEA(自動売買ツール)ビーストを所有しているため、今回の案件は見送ることと致しました。

今なら月利77%を狙える無料ツールプレゼント中!
→詳細はこちら