検証・レビュー

川本真義の『月収100万円特別副業モニター』は稼げる?詐欺か否か評判を調べてみた

いつの世も、お金は人を狂わせるものです。

もしもいきなり毎月100万円入ってきたら、かなり人生が歪むのではないでしょうか。

 

こんにちは、かずやんです。

 

今回は川本真義氏の無料オファー「月収100万円特別副業モニター」について検証していきたいと思います。

それでは、内容を確認していきましょう。

月収100万円特別副業モニターレビュー

特定商取引法の表記

販売者名 川本真義

住所 大阪府大阪市福島区福島7丁目20-18 シティタワー西梅田

メールアドレス center1★sk7.pw ★を@に変えて送信してください。

個人情報 お客様の個人情報を第三者に開示することはございません。

表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現、再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

アフィリエイトセンター 川本真義アフィリエイトセンター

 

ホームページ上では、毎月現金100万円一生涯受け取れ続けるという衝撃的なキャッチが使われています。

一方、特定商取引法に関する表記では「本商品に示された表現、再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」との注意書きがあります。

この2つの表記に矛盾を感じるのは私だけでしょうか。

ともかく、確実に現金100万円が受け取れるプロジェクトではないことがわかります。

 

特定商取引法に基づく表記住所にはビル名が上がっていますが、肝心のそのビルの何階に入っているのかの表記がありません。

また、電話番号もないので、いざという時の連絡がメールのみということになります。

これは若干ならず不安を覚える内容と言えます。

信頼できるか否かの情報が、少し見えてきましたね。

 

ランディングページのデザインは簡素なもので、個人でも作成可能でしょう。

極端にランディングページ作成に費用をかけているわけではなさそうです。

ランディングページの作成費用を回収するために多額のオファーを投げる……という可能性は低そうです。

 

それでも無料オファーである以上、何らかのクロージングはあることでしょう。

キャンペーンのために、多くの金銭が支払われているのですから。

 

キャッチコピーをより詳しく見ていきましょう。

毎月現金100万円一生涯受け取れ続ける即金プロジェクトが遂に始動

とのことです。

先述の通り、特定商取引法の記述との矛盾が発生してしまっています。

 

また、次回入金までの制限時間や追加募集の人数が刻々と減っていき、危機感を煽ります。

ですが、これらの数字はフェイクです。

タイマーは0になっても終了準備中と表記され、ロスタイムがあるかのように表記されたまま止まる形となりますし、追加募集人数も残り1名からは減りません。

強烈な煽りが目立つランディングページと言えます。

 

なお、ランディングページには3種類あり、今回取り上げた現金100万円のほか、毎日現金9万円、毎日10万円プレゼントというキャッチコピーを使っています。

金額がぶれていますね。

 

月収100万円特別副業モニターは、無料とは銘打っていません。

高額なオファーがあることが予想されます。

更に深く中身を確認していくため、私はメールアドレスを入力しオファーに参加をしてみました。

月収100万円特別副業モニターの特典は?

登録してみると、早速今だけの10万円プレゼント企画というものが表示されました。

今回もタイマーありとなっています。

 

受け取りにはDiscordというチャットアプリののインストールが必要なようです。

Discordであるため価格は無料です。

アプリ評価が☆3.7程度ということになっていますが、ここで使われている評価の画像が勝手に作った可能性が高いです。

最大☆評価が4となっているからですね。

アプリストアでは、通常☆5つで評価しますので。

 

Discordは、ゲーマーなどの間で愛される実績のあるアプリです。

私もDiscordアカウントを持っています。

なのに、あえてこのような画像を用意する理由とは何なのでしょうか?

少し信頼するか否かに影響する情報が開示された気がします。

 

また、ランディングページと同様に残り人数の表示もありますが、やはり1で止まります。

あまり信用度は高くないと言えるでしょう。

 

以上のような理由から、私はDiscordの登録は見送りました。

 

さて、そんな特典の受け取りをしている間に届いたメールには

過去に30万円で販売し、累計4627本以上売れたという教材「月収100万円特別副業モニター」の、15時間27分40秒に渡る講義映像が届いておりました。

ただし、初日に公開されるのはそのうちの第1話のみとなります。

動画掲載サイトにアクセスしようとしたところ、Google Chromeが危険を指摘してきました。

曰く「偽のサイト」とのことです。

(2020年9月10日18時2分現在)

 

ここで私は追いかけるのを諦めました。

 

なお、メルマガに他に書かれているアドレスは404not fondでした。

川本真義って誰?

さて、今回の無料オファーの仕掛け人である、川本真義氏に迫ってみましょう。

なんと、過去には日給100万超えの無料オファーを投げていたという衝撃の情報が手に入りました。

 

事実なら月間約3000万、年収3億6千5百万円になります。

これは少し信用ならない数字ですね。

長者番付に余裕で入れる億万長者が大量生産されてしまいますので。

 

また、この無料オファーについてのレビューも調べてみましたが、かなり散々な結果に終わっていたようです。

前回のオファーは失敗に終わったと言えるでしょう。

 

教材を販売したという実績はあるようですが、それ以上に強烈すぎる煽りが強烈な販売者さんのようです。

信用するか否かの材料が揃いましたね。

 

今回の無料オファー案件をまとめると

・内容は不明

・偽のサイトにアクセスさせられる

・過剰な煽りとウリ文句に矛盾する特定商取引法表記

となります。

もし今回の無料オファー案件が気になる人は、最後まで動画や企画内容を見て判断してみてください。

私は肝心の動画が見られないことから、今回の件は見送ることにいたしました。

今なら月利77%を狙える無料ツールプレゼント中!
→詳細はこちら